時間のフカミ

Artist
zirconium
Tuning
EGDGBE
名古屋ブラジルコーヒー_2022/05/27
映る姿を 疑うことのできる今がきた 要らない鏡を 捨て続けて時計をじかに見る
目の前の道は 登ってることだけを信じてる 要らない鏡を 捨てすぎてのぞみ通り孤独
初めて乗り込む 僕の鼓動で動く速いバス 目の前の道を 時代とともに急ぐ 転がってく
急ぐ景色に見落とすなにかより 底が見えるまでえぐる道具をくれ うずくまって肩振るわせてみえるかい 半笑いで靴のひも結んでるのさ
急ぐ景色に見落とすなにかより 底が見えるまでえぐる道具をくれ 落ちる姿であなたに語りかけたいから
追い続けて沈むだけ 迷ったままの言葉でも吐き出して 問いも答えもないここで 時間のフカミを軋むほどにらみつけ
このあたたかさだけは嘘じゃないはずさ 軋むほど抱きしめて 追い続けて沈むだけ かまわない 急ぐだけ 軋むほど音をあげ